北極体験

オウル地域の独自性はその北のロケーションに由来します。 北極の大気及び隣接する海洋環境の四季はその周囲を美しく変化させます。 夏には蒸し暑い日や真夜中の太陽を楽しめ、秋には、木や植物が黄色、赤色、茶色の鮮やかな色合いに染まります。 冬には自然が白い雪の覆いの下に隠れ、オーロラが空に輝きます。春になれば自然が目覚め、新緑が雪の下から顔を出します。

VisitOulu_F94I1200.jpg

オウル地域の多彩な環境のおかげで、一年中色々な方法で北極圏を体験できます。 都市の脈動、凍った海、山の自然と砂浜を体験してください。 当ウェブサイトを調べて、オウル地域を体験するためのあなた自身の方法を見つけてください!

北極体験:

オウル - スカンジナビア北部の中心地

オウルはボスニア湾のオウル川のどこからでもアクセスのよいデルタ地帯に位置する、北フィンランド最大で最古の都市です。 オウルは 1605 年にスウェーデンの王チャールズ 4 世によって設立され、19 世紀にはフィンランドの主要なタール輸出国でした。 現在市内には 200,000人以上の地元住民が暮らしており、何千人もの国内外の観光客やビジネスの旅行者が訪れる人気の場所です。

北極体験:

オーロラ

様々な色合いの緑と赤のオーロラの輝くオウル地域の夜空を堪能するために人々は遠くからも訪れます。それには正当な理由があります。なぜならこの見事な北極の冬の光の現象は長い間謎に包まれていたからです。 太陽の風が地球の磁極領域に向かって急激に上昇し、緑色と赤色に見えるエネルギーを放出する大気に当たったときに、オーロラが発生します。 オウルの北部に位置していますので、オーロラを見るには世界で最も望ましい場所のひとつです。

北極体験:

真夜中の太陽

暗い冬とは対照的に、オウル地域は非常に明るい夏が楽しめます:6月から7月は夜半過ぎまで明るく、6 月の終わりには夜通し太陽が輝いています! この現象は、真夜中の太陽と呼ばれ、それは夏の間、オウル地域を世界一明るいスポットの一つに変えます。

北極体験:

ハスキー&トナカイ

ハスキーとトナカイは、オウル地方の人々にとって重要な役畜であり、雪や森の中をそりを引いて、地元の食糧や商品を輸送するのに役立っています。 今日、このような北部の自然の中で育った冬の冒険家たちがあなたをオウルの雪の多い環境の中をそりで導きます。 トナカイやハスキーは、もちろんそりを引いて楽しんでいます。彼らは非常に魅力的で、好奇心が強く、人にやさしい生き物です。

北極体験:

冬のワンダーランド

真冬のオウル地域の自然は幻想的に変化します。豊かな雪景色が警官を真っ白に染め、氷のように冷たい空気が薄氷の下の海を凍らせます。 樹の周りにボールのような形の雪は霜で形成され、冠雪と呼ばれます。これが自然を実に魅惑的に見せるのです。 雪はオウル地域を真の冬のワンダーランドにします!

北極体験:

氷海

オウルの水域が特別であることの1つは、冬には常に水が凍結することです。 氷が素晴らしい風景を作り出します。あなたの周りに白色以外何も見ることができなくなります! オウルの水域の氷は固く、1月〜3月の冬の間はいくつもの手段で氷の上を移動することができます。 でも常に氷の固さが荷重に耐えられることを確認する必要があります!

北極体験:

ボスニア湾の 夏

オウル地域の砂浜のビーチで夏の間に日光浴をしていると 、ほんの数ヶ月前まで海が氷の厚い層で覆われていたとは信じられないでしょう 。 しかし、オウル地方の北部の地域は一年を通して寒い気候というわけではなく、 6月〜8月には この地域の気温が時には熱波の温度に近くなることもあり、海水も冷たくありません! それが日光浴、ピクニック、ビーチ レストラン、 夏の海辺のアクティビティに多くの人が集まる理由です。

北極体験:

北極の荒野

北部地域の自然は、純粋なそのままの形で現れるのが最も美しく情緒があります。 オウル 地域の国立公園の自然の遺産は、北極圏の生物多様性の断面といえます。氷河期に形作られて苔に覆われた尾根、昔からの伝説のある森林、砂浜、絶壁のある高地、何百、何千という鳥の住む湿地帯、緑豊かな公園が市内中心部近くにあります 。