image1.jpg

氷海

オウルの水域が特別であることの1つは、冬には常に水が凍結することです。 氷が素晴らしい風景を作り出します。あなたの周りに白色以外何も見ることができなくなります! オウルの水域の氷は固く、1月〜3月の冬の間はいくつもの手段で氷の上を移動することができます。 でも常に氷の固さが荷重に耐えられることを確認する必要があります!

VisitOulu_F94I9969.jpg

氷はオウルで最も広大な冬のハイキングコースです。

凍結した海は、オウル地域の島々 と海岸の間を簡単に移動できるフェアウェイを作り出します。 氷の地域の近く には、キャンプファイヤーのできるシェルターやバーベキュー場などのウィンターピクニックのできる場所が沢山あり、簡単に徒歩や自転車、 さらに ファットバイクなどでもアクセスできます。

thefrozensea.jpg

VisitOulu_F94I0830.jpg

ただし 海氷をもっと長く楽しみたいという方には、スノーモービルや車などで一晩の冬サファリにお連れする、地域活性プログラムがあります。 スキー、スケート、車でも独立して氷の上を移動 することができます。 釣りファン にの方は氷の上で冬釣りを楽しむことができます。

VisitOulu_F94I0532.jpg

 

 

 

氷海

海を体験する方法

北極体験

あなたもこれが気に入るかもしれません。

北極体験:

オウル - スカンジナビア北部の中心地

オウルはボスニア湾のオウル川のどこからでもアクセスのよいデルタ地帯に位置する、北フィンランド最大で最古の都市です。 オウルは 1605 年にスウェーデンの王チャールズ 4 世によって設立され、19 世紀にはフィンランドの主要なタール輸出国でした。 現在市内には 200,000人以上の地元住民が暮らしており、何千人もの国内外の観光客やビジネスの旅行者が訪れる人気の場所です。