VISIT_OULU_CONGRESS_HIRES_FINAL-(1-of-15).jpg

ハスキー&トナカイ

ハスキーとトナカイは、オウル地方の人々にとって重要な役畜であり、雪や森の中をそりを引いて、地元の食糧や商品を輸送するのに役立っています。 今日、このような北部の自然の中で育った冬の冒険家たちがあなたをオウルの雪の多い環境の中をそりで導きます。 トナカイやハスキーは、もちろんそりを引いて楽しんでいます。彼らは非常に魅力的で、好奇心が強く、人にやさしい生き物です。

F94I0519.JPG

ハスキーとトナカイは北極圏において最も特徴的な動物です。

トナカイは半分飼いならされたシカの一種で、フェノスコディアでしか見られません。 トナカイは、その雄大な角と、夏には茶色、冬には白と季節毎に変化する毛皮で識別することができます。 ハスキーは元々はシベリア出身の元気でかわいいエネルギッシュなそり犬種です。 ハスキーは、100年以上の間、北極圏に住む人々の手助けをしてきました。 彼らは子供も大人も好きで、あなたが近づいて、なでてても警戒することはありません。

VISIT_OULU_CONGRESS_HIRES_FINAL-(2-of-15).jpg

ハスキーとトナカイに乗った新しい方法で冬の環境を体験してください!

動物が引っ張るそりに乗ることは、エキサイティングであると同時にリラックスできる体験になるでしょう。 トナカイに乗るのは緩やかなペースですが、ハスキーはそりを若干速いペースで引っ張るのが好きです。 オウル地域では、海氷、国立公園の高原や冠雪の環境でそりに乗ることができます。暖かい毛布をかぶってそりに乗るのはスピードに関係なく忘れられない経験になります。 あなたが自分でそりを制御することもできるかもしれません!

ハスキー&トナカイ

ハスキーとトナカイを体験する方法

北極体験

あなたもこれが気に入るかもしれません。

北極体験:

オウル - スカンジナビア北部の中心地

オウルはボスニア湾のオウル川のどこからでもアクセスのよいデルタ地帯に位置する、北フィンランド最大で最古の都市です。 オウルは 1605 年にスウェーデンの王チャールズ 4 世によって設立され、19 世紀にはフィンランドの主要なタール輸出国でした。 現在市内には 200,000人以上の地元住民が暮らしており、何千人もの国内外の観光客やビジネスの旅行者が訪れる人気の場所です。