VISIT_OULU_SUMMER_HIRES_FINAL-(37-of-44).jpg

真夜中の太陽

暗い冬とは対照的に、オウル地域は非常に明るい夏が楽しめます:6月から7月は夜半過ぎまで明るく、6 月の終わりには夜通し太陽が輝いています! この現象は、真夜中の太陽と呼ばれ、それは夏の間、オウル地域を世界一明るいスポットの一つに変えます。

 

VISIT_OULU_SUMMER_HIRES_FINAL-(16-of-44).jpg

真夜中の太陽は祝福の時間です。

真夜中の太陽に敬意を表して、フィンランドは長い間真夏を祝ってきました。それは6月の終わりの一年で最も明るい日のあたりに相当します。 真夏は伝統的な儀式で祝われます。人々は愛する人たちと共に、夏のコテージでおいしい料理、飲み物、サウナでお祝いするのです。 その伝統には、古い迷信によれば、悪霊を追い払うという大きな真夏の焚き火も含まれます。

 

VisitOulu_Kesa_Final-(5-of-15).jpg

オウルの真夜中の太陽は、環境を最大限に生かすことを意味し、

真夜中の太陽はオウルの自然を満開にさせ、人々は地域の様々なイベント、公園、レストランのテラスを楽しみます。 誰もが真夜中の太陽を自分なりに体験することができます。夏祭りで夜にパーティーをしたり、また、オウルの豊かな水域で夜の釣りに出かけたり、国立公園でハイキングをしたり、家族と一緒に真夜中のキャンプファイヤーによるバーベキューで楽しい時間を過ごせます。

真夜中の太陽

真夜中の太陽を体験する方法

レストラン&カフェ

    宿泊

      北極体験

      あなたもこれが気に入るかもしれません。

      北極体験:

      オウル - スカンジナビア北部の中心地

      オウルはボスニア湾のオウル川のどこからでもアクセスのよいデルタ地帯に位置する、北フィンランド最大で最古の都市です。 オウルは 1605 年にスウェーデンの王チャールズ 4 世によって設立され、19 世紀にはフィンランドの主要なタール輸出国でした。 現在市内には 200,000人以上の地元住民が暮らしており、何千人もの国内外の観光客やビジネスの旅行者が訪れる人気の場所です。