VisitOulu_F94I9614.jpg

オーロラ

様々な色合いの緑と赤のオーロラの輝くオウル地域の夜空を堪能するために人々は遠くからも訪れます。それには正当な理由があります。なぜならこの見事な北極の冬の光の現象は長い間謎に包まれていたからです。 太陽の風が地球の磁極領域に向かって急激に上昇し、緑色と赤色に見えるエネルギーを放出する大気に当たったときに、オーロラが発生します。 オウルの北部に位置していますので、オーロラを見るには世界で最も望ましい場所のひとつです。

VISIT_OULU_WINTER_HIRES_FINAL-(59-of-59).jpg

オーロラのシーズンは最大6ヶ月間続きます。

オーロラは街から離れた空気がきれいな寒い場所で、空が暗く晴れているときに一番良く見ることができます。 オウル地方のオーロラは、9月から3月の間に出現する可能性が最も高く、平均して4日ごとに見られます。 これは自然現象のため、オーロラがいく晩も続けて現れたり、雲の後ろに隠れて見えなくなってしまうこともあります。

VISIT_OULU_WINTER_HIRES_FINAL-(57-of-59).jpg

オーロラは、オウル地域で様々な方法で経験することができます!

オルル地方でオーロラを見るには、暗闇の中を歩く必要はありません。オーロラは、 山の上のリゾートの屋外ジャグジーでシャンパンを飲みながら、またはファミリー用のコテージで家族とホットチョコレートを味わいながら見ることができます。 それとも、もっとワイルドにツアー会社と夜中にオーロラを見に行く冒険体験も可能です。

オーロラ

オーロラを体験する方法

北極体験

あなたもこれが気に入るかもしれません。

北極体験:

オウル - スカンジナビア北部の中心地

オウルはボスニア湾のオウル川のどこからでもアクセスのよいデルタ地帯に位置する、北フィンランド最大で最古の都市です。 オウルは 1605 年にスウェーデンの王チャールズ 4 世によって設立され、19 世紀にはフィンランドの主要なタール輸出国でした。 現在市内には 200,000人以上の地元住民が暮らしており、何千人もの国内外の観光客やビジネスの旅行者が訪れる人気の場所です。